青汁ソムリエとは

青汁が発売されてからしばらく経ちますが、以前は不味いことを売りにしていましたが、今では美味しく摂取できる商品がたくさん発売され、いろいろな野菜を主原料とした商品が数多くのメーカーから発売されています。
健康食品の王様といっても過言ではない状態ですが、ついに青汁ソムリエという資格も取得できるところまできました。

まだ知らない人も多いでしょうが、現在ではいろいろな資格や検定があり、趣味でたくさんの資格を取っている人も増えています。
青汁ソムリエの資格制度は青汁マイスター資格制度運営委員会によって行われていて、特別な条件はなく、誰でも受験して試験にパスすれば資格を取得できます。
もちろん国家資格ではないため、それを取れば就職に有利になるなどということはまだないでしょうが、ある程度の知識がなければ簡単に資格を取れるようなものでもありません。

受験には筆記試験とテイスティングの試験がありますが、その前に講義を受講する必要があります。
資格を取るには5,000円ほどの費用も必要となるので、費用や試験日などの詳しい情報は青汁マイスター資格制度運営委員会まで問い合わせて下さい。

筆記試験は7割程度の正解率があればいいようですが、テイスティングは全問正解しなければいけないようです。
試験に合格すればすぐに資格を取得できるので、自信がある人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。

ソムリエの資格を取るには、少なくても味の違いが分からなければいけません。
現在市販されている多くはケールと大麦若葉が主原料になっている商品が多いので、まずはこの違いを確認して下さい。
練習にはサンプルを利用するのがおすすめで、なるべく他の原料が混ざっていない商品を選びましょう。
知識はネットなどでも集めることができるので、ある程度の知識を身につけたらチャレンジしてみましょう。

このように、青汁ソムリエという資格ができて、実際に多くの人がすでに資格を取得しています。
我こそはという人は、青汁マイスター資格制度運営委員会のホームページで詳細をチェックして下さい。